online events

オンラインシンポジウム【終了しました】

コロナウイルス感染症とナノメディシン

主催機関:

  • 日本ナノメディシン交流協会

  • 京都大学 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)量子ナノ医療研究センター

  • 国立研究開発法人 物質・材料研究機構

  • ナノ学会ナノバイオ・メディシン部会

開催日:2020年12月5日(土) 9:20-16:30

参加費:無料

言 語:日本語

Web会議システム:ZOOM meeting

参加方法:事前登録制

【開会挨拶】

湊 長博 (京都大学 総長

【基調講演】

小柳 義夫 (京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 所長)

【演者】

  • 合田 圭介 東京大学 大学院理学系研究科化学専攻 教授 / カリフォルニア大学ロサンゼルス校工学部生体工学科 教授(非常勤)/ 武漢大学工業科学研究院 教授(非常勤)

  • 権田 幸祐 東北大学 大学院医学系研究科 教授

  • 浦野 泰照 (東京大学 大学院薬学系研究科 教授)

  • 津本 浩平 東京大学 大学院工学系研究科 教授

  • 清水 太郎 徳島大学大学院 医歯薬学研究部 特任助教

  • 秋田 英万 (千葉大学 大学院薬学研究院 教授)

  • 岩長 祐伸 物質・材料研究機構 機能性材料研究拠点 プラズモニクスグループ 主幹研究員

  • 渡邉 力也 理化学研究所 開拓研究本部 主任研究員

  • 松浦 俊一 (産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門 主任研究員)

  • 玉野井 冬彦 (京都大学 高等研究院 iCeMS 特定教授 / UCLA 教授 )

【閉会挨拶】

花方 信孝 物質・材料研究機構 理事

≪オンラインシンポジウム終了報告≫

週末の開催となりましたが、25大学、6研究機関・機構さらに12企業から、さまざまな分野の方々に多くご参加いただきました。

京都大学 ウイルス・再生医科学研究所の小柳 義夫 所長による基調講演に続き、これまであまり行われてこなかったナノテクノロジーの観点から、コロナウイルス感染症へのアプローチについて学内外10名にご講演頂き、様々な分野の研究者が集まり活発に議論する場となりました。